現状分析

ウェブサイト上で展開しているビジネスの現状を整理し、訴求軸や想定しているターゲットにズレが無いか、ウェブサイトが使いくくないか、コンテンツやSEOに問題が無いかなど、様々な視点からチェックします。

戦略設計

3C分析やSTP分析などのマーケティングフレームワークを利用し、戦略をご理解いただきやすいかたちに落とし込んだ上でご提案します。
戦略を資料化することで共通認識を持って進めることができます。

ゴール設計

最終的なゴール(KGI)とそこにたどり着くまでの途中のゴール(KPI)を設定し成果を観測できるようにすることで、見直し改善しながら進めることができます。
当てずっぽうなゴールではなく、しっかりとビジネスの成果に結びつくゴールをご提案します。

ユーザー分析

ユーザーの行動や感情をカスタマージャーニーマップで可視化し、設定したペルソナに対してどのタイミングでどういう訴求をするのかなど、戦略を立てる上で役立てます。

導線設計

SEO対策を考慮した上でウェブサイトの商材や情報量に応じて最適なサイトマップを設計します。

UX設計

ユーザーが探している情報がすぐに見つからないということは機会損失を生み出しています。
ユーザーにストレスを与ないよう、見やすさ使いやすさを重視して設計します。

コンテンツ企画

重複しているコンテンツが無いか、ターゲットユーザーが欲している情報はあるか、コンテンツは伝わりやすく書かれているか、関連するキーワードが入ったコンテンツを追加できないかなど、コンテンツに関するご提案をします。