ウェブサイトに必要なのは
ビジネスの成果を出すための明確な役割

ウェブ戦略の無いウェブサイトは具体的なビジネス目標も設定しにくく、行き当りばったりな施策を打ち出しやすい傾向にあります。
また打ち出した施策が良かったのかどうかも検証が難しく、ビジネスの方向性としても迷走しがちです。
ビジネスを成功させるために、まずは意見を交わしながら戦略を練りましょう。

現状分析

ビジネスとウェブサイトの現状を整理し、訴求軸や想定しているターゲットのズレ、ウェブサイトの使いやすさ、コンテンツやSEO対策など様々な視点でチェックします。

戦略設計

3C分析やSTP分析などのマーケティングフレームワークを利用し設計し、戦略を資料化することで共通認識を持って進めます。

ゴール設計

最終的なゴール(KGI)とそこにたどり着くまでの途中のゴール(KPI)を設定し成果を観測できるようにすることで、見直し改善しながら進めることができます。

ユーザー分析

ユーザーの行動や感情をカスタマージャーニーマップで可視化することで、ユーザーに対してどのタイミングでどういう訴求をするのかなど、戦略を立てる上で役立てます。

ペルソナ

ペルソナでターゲットユーザーをより具体的に設定することで、施策を考えていく上で明確な方針となり、意思決定が早くスピーディに進めることができます。

導線設計

ユーザーの回遊性やSEO対策を考慮した上で、ウェブサイトの商材や情報量に応じて最適なサイトマップを設計します。

UX設計

ウェブサイトや商材からユーザーが体験して感じることを、より良くするためのUX設計を行います。

コンテンツ企画

重複コンテンツ、コンテンツの提供方法、キーワード対策など、コンテンツの作成や改善に関するご提案をします。